So-net無料ブログ作成
菊地あやか ブログトップ

AKB48菊地あやか、超新星ユナクのソロMV出演 [菊地あやか]

AKB48の菊地あやかさん(20)がK-POPグループ超新星のリーダーユナクのソロシングル『キミのすべてを愛していたよ』のMVに出演します。

00.jpg

忘れられないかつての恋人への思いを歌ったラブソングで、超新星の主演映画「君にラヴソングを」やMVを撮影してきた園田俊郎監督にユナク自らMV制作をオファー。

かつてAKB48の「Waiting room」のMVを撮影した園田監督は「ユナクからの『髪がきれいで、明るくて表情に強さがある女性』というリクエストに思い浮かんだのが菊地さんでした」

菊地は「最初はとても緊張しましたが、ユナクさんから話しかけていただき楽しく撮影できました」とコメント。

ユナクも「菊地さんはとてもきれいな方で演技も上手だしすごくセンスが良い人。楽曲の世界をより強く伝えられるストーリー性を持った映像が出来たと思います」

【菊地あやかのエピソード】
2011年6月13日発売号『週刊プレイボーイ』において、AKB48「12.5期」研究生という触れ込みで『江口愛実』と称する新人のグラビアが掲載された。秋元康も「彼女こそ『究極』」と太鼓判を押しており、江崎グリコ「アイスの実」の広告で、他のメンバーを押さえセンターに登場するという破格の扱いが発表されていた。

しかし同年6月14日の昼過ぎ、菊地あやかがブログに「初めまして江口愛実さん!ついに噂の人が完成したんだねっ」「私も撮影したんですが、果たして私の顔のパーツいつ使われるのでしょうか(笑)」と書き込んだため、『江口愛実』は実在しない人物で、メンバーの顔のパーツを合成して作ったCGではないかという説が濃厚となった。ブログの当該部分の記述は即座に修正され、翌15日に菊地はブログ上で謝罪した。

そして同年6月20日、CMの放送開始に合わせて江崎グリコから詳細が発表され、大方の予想通り『江口愛実』はメンバー6人のCG合成であることが明らかになりました。

00.jpg 菊地 あやか(きくち あやか)
愛称 あやりん、きくぢ
アイドル
AKB48 三期生 
1993年6月30日(20歳)
東京都出身
身長165cm
B74/W58/H82cm
血液O型
テレビドラマ
『マジすか学園』


タグ:菊地あやか
菊地あやか ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。