So-net無料ブログ作成
検索選択

たかみな熱愛報道のステマでフジテレビ視聴率アップ! [AKB関連]

ステルスマーケティング(Stealth Marketing)通称ステマってご存知ですか?

ステルスと言えば、レーダーに映らない特殊技術で探索されにくいステルス戦闘機がありますが、

この場合、企業がそれが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝活動を行う事を「ステルスマーケティング」といいます。

事件は今月4日のサンケイスポーツでAKB総監督の高橋みなみとナインティナインの岡村隆史が地下の駐車場での逢引き写真が熱愛だと報道したことから始まりました。
takamina-oka

実際は6日フジテレビで放送された『めちゃイケ』のどっきり企画でのやらせ写真だったのです。

しかしサンスポではフジの番組宣伝とは一切ふれておらず、これを見た読者は本気で信じ、ネットでかなり話題になりました。

あわてた岡村隆史は、自分のラジオ番組であれは番宣ですと釈明しましたが、サンスポとフジテレビは同じ傘下グループであったことから、ステマだ!と新たに話題になりました。

これが発端となり、やはり6日放送の『めちゃイケ』の視聴率はウナギのぼり!

通常の関東地区平均視聴率9.2%が今回は12.5%と好視聴率だったのです。

(参考までに関東地区の視聴率1%とは18万人です。)

 

アメリカイギリスではこのようなステマは法律で規制されていますが、日本はまだガードが甘い状態で規制はありません。

しかし近年、ブログやツイートを使ったさくら的なステマが多く見受けられる現状、これから波紋が起きそうな気がします。

 

 

追伸・AKB48グループのイチファンである私はもちろん『めちゃイケ』をたっぷりと拝見しました。 ^^;
ヤンキー木崎ゆりあとゴシップガール宮澤佐江そして最後まで涙をみせないしたたか指原莉乃など新たな発見が見られて楽しめました。


タグ:高橋みなみ

映画『ターミネーター・ジェニシス』の予告編です! [ターミネーター]

最新作『Terminator Genisys』の予告編動画が5日に公開されました。

ターミネーターシリーズと言えば州知事にもなったあのシュワちゃんの大ヒット映画です。

今回は5作目となりますが、説明するには色々と矛盾点がありますデス! はい。

まず1作目と2作目の監督がジェームズキャメロン

ビッグタイトルの2作目はヒットしないというジンクスを見事に打破した異例の大ヒット作でした。

2作目で人類の味方に改良されたターミネーターが自決(?)してハッピーエンドとして完結したのですが・・・

そこは利益を追求するハリウッド映画! なんでもアリの世界です。

3匹目のドジョウをねらってジョナサン・モストウ監督が女ターミネーターを登場させ3作目を無理繰り制作!

人類の救世主となるはず?のジョン・コナーがダメダメ中年男役として世界が核戦争する設定で作りましたが・・・コケました。

しか~し、それでも懲りないハリウッド映画、まだまだあきらめません!

4作目にはMcG(マックジー)監督を起用して4作目を制作!

半人半機械のターミネーター役に『アバター』のサム・ワーシントンと核戦争後のジョン・コナー役に『バットマン』のクリスチャン・ベールという超豪華な俳優で挽回を図りましたが、残念ながら大ヒットとはいかず制作費をやっとこさ回収できる興行収入でした。

で今回で5作目となる『ターミネーター・ジェニシス(原題) / Terminator Genisys』ではなんとシュワちゃんが主演となります。

やっぱりミスター・ターミネーターといえば大トリを務めるのはこの方しかいませんね!

でもちょっと待ってください!
Terminator Genisys???
T5-01

当初の予告ではTerminator Genesisでしたが、微妙に違っています。

もともと Genesisとは起源とか旧約聖書の『創世記』という意味なんです!

それがGenisys
実はこれ造語なんです!

噂では映画の中のターミネーターを作るスカイネット社がロボットの創世記?再起動?という意味で新しい造語を作ったのではないかとまことしやかに囁かれています。

5作目のジェニシスではリブートというテーマでシュワちゃん以外は別人が起用され、現在・過去・未来を描く仕切り直しの映画とも噂されております。
しか~も! 三部作の第一弾だとの噂も!!!

今回の予告編をミタ感想ですが、
あんまり新鮮ではないではありませんか!

実は1作目と2作目のあの有名シーンをかなり意識して作られています。
一作目の裸で登場するシーンとか2作目のT-1000(液体ロボット)が散弾銃で撃たれてのけぞってしまうシーンとか忠実に再現されていますよね。

ちなみに今回のT-1000役には韓国俳優イ・ビョンホンさんが登場します。
そしてT-800は正義の味方に改良された役のシュワちゃんは

な・なんと歳を取る設定だということです。
三部作というと期待されそうですが、

実はあの4作目McG監督のターミネーターシリーズも三部作の予定でしたが、制作会社の倒産と版権の売買の理由から頓挫した経歴があるんですね。
ですから、あまり過剰な期待をせずに来年夏公開予定のジェニシスを平常心をもって待ちましょう!

お待たせしました!では予告編をごゆっくりご堪能ください。


アクション女優!? 文音(あやね)って誰でしょう。 [文音]

女優の文音さんをご存知ですか?

文音と書いてあやねと読みます。

ayane02

彼女のご両親は超有名人なんです。

ヒント!  本名は長渕文音です。

そう、あの炎のシンガーソングライター長渕剛さんの娘です。

母親はアクション女優で一世を風靡した志穂美悦子さんですね~

「文音」命名の由来は、父・剛が「あやちゃん」と呼びたかったからなんだそうです。

長渕剛の『NEVER CHANGE』は彼女の誕生を歌った曲です。

で、彼女は語学が堪能で中・高とも英語コースに入学し、高一の時にはスピーチコンテスト全国大会にも出場しました。

2012年に明治学院大学国際学部卒業ですが、2008年に映画『三本木農業高校、馬術部』の主役として女優デビュー! 二十歳でした。

第33回報知映画賞新人賞、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

しかし2012年 ニューヨークへ単身、演劇留学という大英断を下したんです。

そこで自己の内面を深く掘り下げる「メソッド演技法」を学びます。
文音さんは日常会話ができましたが、やはり学校の専門用語は難解でかなり苦労されたようです。

1年9ヶ月の留学で「何にもめげない心が身についた!」と語っています。

今年の4月に帰国し、芸名から長渕を取ります!
長渕と聴いて皆が「剛」なので自分の気持ちをフレッシュにする意味だったそうです。

現在放送中の『SAKURA~事件を聞く女~』で仲間由紀恵の妹役でアクション女優として活躍しています。
出演依頼が届いてから、母・悦子さんからアクション指導を受けました。

自分では『女版ベスト・キッド』と呼んでいます。 ^^;

憧れの米女優は映画『アルマゲドン』で有名なリブ・タイラー!

父親がエアロ・スミスのボーカルで境遇が似ていて、親近感が沸いているんだそうです。

ayane01
▲『SAKURA』第一話ではバイクで颯爽と登場し、豪快にかかと落としを披露!見事悪党をKO。

また、父からは「アクションはスピードが大事だよ」とアドバイスも受けました。

今後の活躍が期待できる女優さんですね。


タグ:長渕剛 文音

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。